朝はパン派-そんな日常

いろいろなことをゆるく本気で記事にしていきます。

理不尽なクーラーの寒さから身を守れ!

最近では35度を超える猛暑日の地域が出てくるほど暑くなりました。そんな中、クーラーをガンガンにつけているという人も少なくないでしょう。確かに、暑いとクーラーをつけたくなりますよね。クーラーつけると涼しいし快適ですよね。

しかし寒がりの人だとクーラーがついた部屋は苦痛だという人もいると思います。学校や会社だとクーラーを切ったり、温度を下げたりができずどうすることもできないという場面が多くあります。ですので、クーラーに負けない術を身につけてクーラーの脅威に立ち向かいまいしょう。

 私も寒いのが苦手なので教室でクーラーをガンガンにつけられると嫌気が差します。

「ファーーーーー!!」

このままでは精神が蝕まれるので、精神回帰を目的にクーラーが効いた部屋での体温調節の仕方を覚えていきます。

 

寒さが苦手な人以外でもクーラーの使い過ぎは身体に悪いので気を付けましょう。

 

私は可能な限りクーラーはつけずに猛暑に立ち向かう日々を過ごしてます。身を焦がす程の猛暑を闘い抜くために相棒の扇風機を使うようにしてます。

しかし、それらは家にいるときは自分でクーラーを切ったり、扇風機をつけたりできるのですが家以外だと難しいですよね。

例えば、学校や会社だと勝手に部屋が冷え切っているときはどうすることもできないことが多いと思います。私自身、教室の温度は寒すぎて発狂するほどです。

「温度下げた奴誰だよ!!!」

寒すぎだよ・・・

そんな場所は寒がりの人にとっては悪魔の巣窟そのものでしょう。

そこで学校や会社でクーラーの寒さを凌ぐ方法を紹介します。

 

その1

  • 体操して身体を温める

身体を動かすことで身体が温まるので体操をすることは効果的です。もちろん授業中や仕事中にいきなり屈伸や腕を回すと変な目で見られるので、休憩中にすることをおすすめします。もしくは授業中や仕事中でも座ったままできる範囲の体操でも動かさないよりかはましなので試してみましょう。

 

その2

  • 無理やりエアコンのリモコンを操作

これは私もよくやる方法です。というか一番手っ取り早いです。しかし、注意点としてスクールカーストが高い人もしくは上司など他もろもろに目を付けられます。これを覚悟できた人だけリモコンダッシュを試みて下さい。

 

その3

  • 暖かい靴下を履く

クーラーの風は時間が経つにつれ下に溜まってくるので足元を守ることが重要です。なので厚めの靴下や五指の靴下を履くことで下に溜まった冷えた空気から足元を守るようにしましょう。

夏なので外を歩くときに暖かい靴下を履くのはさすがに嫌ですよね。そんな人は靴下を持ち運ぶようにするといいと思います。(足が臭い人は履いた後の靴下はビニール袋などに入れてから鞄に入れることをおすすめします)

「なんか臭いぞ! あっ、さっきまで履いてた靴下の臭いだ・・・」

なんてならないようにしましょう。

(気を付けないと・・・)

 

主な方法としてこの3つを挙げましたが他にも方法はいろいろあります。

例えばエアコンを壊すとか・・・(捕まるのでやめておきましょう)

冬によくやる寒さ対策を思い出してみましょう。それらのことを夏場のクーラーが効いた部屋で試してみると寒さが取り除くことができると思いますよ。

 

それではよい夏を!

 

私はクーラーが効いた部屋でお菓子でも食べながら過ごします。。。

「外出たくないよ~」