朝はパン派-そんな日常

いろいろなことをゆるく本気で記事にしていきます。

ワックスを付けて冴えない自分とおさらば! ワックスの使い方

ギャツビー 男性用 整髪料 WAX ムービングラバー スパイキーエッジ 80g

かっこいい髪型にしたいけどワックスの付け方がわからないという人は意外に多いのではないでしょうか。僕も昔はワックスを買ってもどうやって付けていいのか分からず迷ったものです。

そこでワックスの付け方を説明していきたいと思います。

目次

 

 

準備

ワックスを付ける前に何もしていない人は意外に多いのではないでしょうか。しかし何もせずに付けるよりもブローをしてからワックスを付けた方が仕上がりが良くなります。

ブローとはドライヤーを使い髪型を作ることです。

このとき自分が作りたい髪型になるようにドライヤーを当てます。そうすることでワックスを付けたとき髪型が作りやすくなります。

 

ワックスの付け方

まずワックスを10円玉くらいの量を手に取ります。髪の長さによって量は変わってきますので付けていく中で適量を見極めましょう。

ワックスを手に取ったら手のひら全体に伸ばします。

ここからが本番です。

髪の毛にワックスを付けていくのですが髪の毛のボリュームが多いところから付けるようにしましょう。なのでまずは一番髪の毛のボリュームが多い後ろ髪から付けます。

付け方としては髪の毛を揉み込むようにします。この段階では髪型は気にせず、ガッツリ揉み込みましょう。

同じように横の髪、トップに付けていきます。

手のひらのワックスがなくなったら、量に気を付けながらもう一度ワックスを手に取りましょう。

これでベースは完成です。

 

髪型を作る

まんべんなく付いたワックスを整えていきます。コツとしてはを作るように整え、シルエットがひし形になるようにすればOKです。

 

仕上げ

最後に手のひらに残ったワックスで前髪を整えたら完成です。

前髪はワックスを付け過ぎないようにしましょう。

 

おまけ

ブローをしてワックスを付けるだけでも髪型は出来上がるのですが、さらにもう一段階ワックスを極めるためにスプレーを使うこともおすすめします。

もみあげも整えたい人は前髪と同じでワックスを付け過ぎないよう量に気を付けながらワックスを付けましょう。

 

まとめ

髪型を整えるのことはファッションの基本だと思うので、まずはワックスを極めることがファッションの第1歩ではないかと思います。

 

ルシード ヘアワックス スーパーハード 70g

ルシード ヘアワックス スーパーハード 70g