朝はパン派-そんな日常

いろいろなことをゆるく本気で記事にしていきます。

【シャドウバース】ナーフ後の倉木の使い道について考察してみた。

ついにアップデートが始まりました。

アップデートは7月31日の11時~19時とのことですが、結構長いですね。

使用規制がかかっていた庭園が帰ってくることや構築済みデッキ第2弾の発売もあるのでこれだけ長くなっているのだと思います。

それでは今回のナーフで一番の注目を集めた昏き底より出でる者の今後について考えていきます。

 恐らく、というよりも絶対的に今までのニュートラル昏きヴァンプ使用率はがた落ちするでしょう。

理由としては3点あります。

まずは1つ目の理由として、

昏き底より出でる者のナーフによる潜伏時の効果が進化前、進化後ともに相手リーダーに5ダメージになったことです。

とはいえ、最大13点ダメージが出る時点で強いですよね。

そこで、2つ目の理由が絡まってきます。

もうお気づきでしょう、そうバフォメットのナーフによって確定で昏き底より出でる者を持ってくることができなくなります。(バフォメット1枚、残りヴァンパイアフォロワーを倉木にすればできます。wwwww)

ですので、5ターン目バフォメットからの6ターン目昏き底より出でる者のコンボが決まらなくなります。

昏きヴァンプの最大の強みは6ターン目に昏き底より出でる者が出てくることです。それが8ターン目に昏き底より出でる者が出てくるようになればこれまで以上に対処がしやすくなります。

そして最後にニュートラルの動きが弱くなることです。

ニュートラル兼トーヴの序盤の攻め込みが弱くなることです。

これにはヴァンパイアだけではなく他のクラスにも言えることですが、序盤のニュートラルの猛攻が弱まることでニュートラル軸デッキ使用率は減ると思われます。

 

今回のナーフでニュートラル昏きヴァンパイアが減ることは確実でしょう。

では昏き底より出でる者は今後使われなくなるのかと言われればそれは違うと思います。

ナーフされたとはいえパワーカードには間違いないので、コントロールヴァンプに組み込まれてくると予想します。

序盤、中盤は除去や回復で耐えて、終盤に昏き底より出でる者やセクシーヴァンパイアなどでとどめを刺しに行くデッキになるのではないでしょうか。

 

結論

倉木さん強いしコントロールヴァンパイアに入れとけばいいんじゃね?